黒ビールの違い?シュバルツ/ポーター/スタウト/インペリアルスタウト/ミルクスタウト/おすすめ黒ビール5選

こんにちはゆーすけです。
ビール飲んでますか!?

以前ビールには色と味の違いがあるとお話ししました。(記事はこちら!)
今日はその中でも、黒色のビールについて少々掘り下げてお話していきます!

“黒ビール”には種類がある!


チョコレートやコーヒーを感じさせるローストした麦の香りが美味しい黒ビール。苦手な人もいるんじゃないでしょうか。
日本で「黒ビール」と言えば、液色の黒いビール全てを指しますが、実はその「黒ビール」にはたくさんの種類があるんです!
この記事を読まれた方は、恥ずかしくて今日から「黒ビール」なんて言えなくなりますよ。
今日は数ある「黒ビール」の中からお勧めを厳選していきたいと思います。
まずはこちら!

ドイツ生まれ「シュバルツ」!

黒いビールの中でも唯一のラガースタイル「シュバルツ」。
ドイツで生まれたこのビールは、チョコレートの様なロースト香がしっかりあるにも関わらず、ラガーのスッキリ感を失ってない驚きのビール。
黒なのにホップの香りまでするんですよ。もちろん炭酸感もあります。
“黒ビール=甘くて苦い”と言う先入観を見事に壊してくれるビールです。

おすすめ銘柄はドイツの「ケストリッツァー・シュバルツ」!

イギリス生まれ「ポーター」

こちらはロンドンにあるパブのオーナーが、売れ残りで造った、言わばビアカクテルが元。
売れ残ったブラウンエールに新しいビールとペールエールを混ぜて「スリースレッド」と言う名前で販売していました。

しかし人気が出て来たため、オーダー毎にいちいち作るのは面倒!
と言うことで、工場での生産を始めました。
ポーターと言う名前になったのは、当時荷運びをしていた労働者たちが好んで飲んだため、「ポーター(荷運び人)」と言う名が定着したと言われています。
しっかりとしたボディに、フルーティな香りもあるビールです。

おすすめ銘柄はメキシコの「デイ・オブ・ザ・デッド ポーター」!

アイルランド生まれ「スタウト」

黒いビールの中でも、言わずと知れた有名なスタイル「スタウト」。
実はこれ、上のポーターをベースにして造られたビールなんです。

開発者のアーサー・ギネス氏は、イギリスのポーターに感銘を受け、独自の製法による「スタウト」へと作り変えて行きました。
ちなみにギネス世界記録の”ギネス”とビールの”ギネス”は関係があります。1950年代のギネス醸造所CEOがふと疑問に思った事柄を調べ、それが後々現在のギネスブックになったそうです。
ビール醸造施設を買ったアーサー・ギネス氏は、ビールにかかる税金は麦芽によるものと知り、麦芽化していない大麦を直接ローストしてビールを造った。節税対策ですね。
しかしこれが大成功!ホップの苦味とは一味違う苦味、いつまでも消えないスムースな泡が、人気を博したんです。

おすすめ銘柄はアイルランドの「ギネス・スタウト」!

イギリス生まれ「インペリアルスタウト」

イギリスでポーターが生まれ、アイルランドに渡りスタウトが生まれ、さらにイギリスに帰り「インペリアルスタウト」が生まれました。
“皇帝”を意味する名前がつけられたスタウトは高アルコール!それは、IPAと同じ輸出用だったため。
ロシアや北欧に輸送する際、長い海上輸送の間に痛んでしまわない様に、高いアルコール度数にし味わいも濃厚なものに仕上げました。
トロリとした口当たりに重厚な味わい、まさにスタウトの”皇帝”の様な味わいです。

おすすめ銘柄はスリランカの「ライオン・インペリアルスタウト」!

*写真左

発祥不明の「ミルクスタウト」

通常、ビールを造る際はデンプン質を糖化させ、酵母がそれを食べることによってアルコール発酵をします。
このミルクスタウトももちろんその様にしてアルコール発酵をするんですが、普通のスタウトと違うところは、「ラクトース(乳糖)」も使用するところにあります。ラクトースとは、人乳や牛乳、ヨーグルトなどにも含まれている成分。
ラクトースは酵母に食べられることがないため、出来上がったビールに柔らかな甘さを加えてくれます。
ちなみに、お腹に優しいそうです。胃では消化されずに腸まで届き、善玉菌のエサになるそうです。
ほんのりと柔らかな甘さをもち、スタウトのしっかりとした芯を包んでいる様な味わいが、この寒い時期に一息つかせてくれるビールです。

おすすめ銘柄はアメリカの「レフトハンド ミルクスタウト」!

黒ビールの違い?シュバルツ/ポーター/スタウト/インペリアルスタウト/ミルクスタウト/おすすめ黒ビール5選

この寒い時期にはビールはあまり進みませんが、最後のミルクスタウトは寒い時期だからこそおすすめできるビールです。
インペリアルスタウトも、高いアルコールで体を温めることができるかも。

今回おすすめしたビールはまさに冬の寒い時期に、一息つくためのビールと言っていいと思います。
ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

あ、スタウトは砂糖を入れて温めて飲むのもいいらしいですよ!これ、嘘の様で本当の話。

関連記事

  1. ビールってどうやって造られるの?

  2. 1位はまさかのあの超大国!?世界のビールランキング1位〜3位

  3. 世界一予約のとれない店が造ったビール!?セレブ専用ビールがある!?

  4. ビールの資格、試験、その情報まとめ。

  5. 「いぱ」ってなんのビール!?〜流行りのクラフトビールによくあるIPAというスタイル

  6. ハイネケンは映画になったことがある!マイケルジャクソンって誰?ビールの雑学

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。