1度で2度美味しい!?ひとつの瓶から2種類のビールが出るアフリゲムブロンドと言うエールビール

こんにちはゆーすけです!
ビール飲んでますか!?

ベルギーはビールに対しての概念が他国に比べ、飛び抜けて不思議!
今日は、ベルギーの “アフリゲムブロンド”についてお話ししていきます!

ひとつの瓶をふたつのグラスに注ぐ


シェアをしているわけじゃないんです。
このビールは、上の写真のふたつのグラスを使ってひとりで楽しむビールなんです。
日本ではキリンビールが輸入し、東京限定で販売していたビールです。現在はギフトボックスのみの販売のようです。

なぜ分けるのか

ひとつのグラスで飲んだほうが、面倒じゃないし。そう思う人もいるかもしれませんね。
その理由は、瓶内二次発酵にあります。
活きた酵母と糖類が瓶詰め後も発酵を続け、香りが強く芳醇な味わいへと変化していくんですが、そうすると残った酵母は瓶の底に溜まります。
瓶内二次発酵により、ビールの上澄み90%(ボディ)と沈殿物である酵母10%(ソウル)を分けて楽しもう、と言う意識が生まれました。



実は伝統あるビール


ふたつのグラスを使うアフリゲムブロンド。
実はこれ、ベルギービールの中でも最古の歴史を誇ります。
修道院系ビール(アビィスタイル)は長い歴史を持つものが多いんですが、こちらは特に古く、1074年に修道院の建設と同時に造られ始めたと言われています。
アビィスタイルとは、一般的に修道院からの委託を受けた醸造所が製造するビールに付けられるスタイル名。
他にも、過去にあった修道院の名前を冠したものや、単に修道院風ビールにも付けられる名前。境界が曖昧なのも特徴ですが、味わいはトラピストに近いものが多いです。

注ぎ方・楽しみ方


まずは保管方法ですが、必ず立てて保管冷蔵します。買ってすぐ飲むのはダメ!酵母がしっかりと底に沈んだのを確認してから栓を開けます。

まずは、ビールの90%(ボディ)を大きい方のグラスにゆっくりと一度に注ぎます。
次に、残った10%(ソウル)を瓶内で撹拌し小さい方のグラスに注ぎます。

飲み方は、まずボディの方を飲んでから、ソウルを飲みます。
するとどうでしょう。驚くほどの味わいの違いがあります!
両方とも半分ほど飲んだら、ソウルをボディのグラスに移し、楽しむこともできます。

味わいは、ナッツの香りや麦芽の甘味を感じ、バナナやトロピカルフルーツを思わせる香りが全体を包みます。
香りと味わい、バランスが絶妙にマッチしています。


1度で2度美味しい!?ひとつの瓶から2種類のビールが出るアフリゲムブロンドと言うエールビール・まとめ

いかがでした?
ベルギービール好きな人でも、飲んだ事ないって人が多いこのビール。グラスも飲み方も面白いので、見かけた際には注文することをお勧めします!

インターネットではキリンビールで購入ができますので、リンクを以下に貼っておきますね。
アフリゲムブロンド、購入はこちらへ。 *キリンビールのページへジャンプします。



関連記事

  1. 1位はまさかのあの超大国!?世界のビールランキング1位〜3位

  2. ビールってどうやって造られるの?

  3. ビールの色と味ってなんで違う?ビール造りにおけるビールの色の違い〜エール/ラガー/フルーツ

  4. あなたは説明できますか?実は知らない「発泡酒とビールと新ジャンル」の違い!

  5. 仕事中に飲むビール!?ノンアルコールじゃないランチビールのススメ

  6. チェコとドイツのビール勝負!勝敗の行方は、、、ビールの小話②〜ヘレス編

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。