ヤギのキックのように強いドイツのラガービール

こんにちはゆーすけです。
ビール飲んでますか!?

タイトルにある通り、ドイツのラガービールで、ヤギのキックのように強いビールがあると耳にしたので、早速調べてみました!
今回はそのお話をしていきたいと思います。

ドイツの伝統的なビール


ハイアルコールのラガービールで、14〜15世紀ごろに北ドイツで生まれた“ボック”と呼ばれているスタイルがあるんです。アインベックと言う街で生まれたこのスタイルは「ヤギのキックのように強い酒」が語源とされています。その為か、ラベルにはヤギの絵が描かれていることも、、、。
確かに強いアルコールを持ったこのスタイルは、もっと細かく分類されます。
では紹介していきます。

ボックスタイルの種類

トラディショナルボック

こちらは古典的なボックスタイル。6〜8%の度数で、ホップ感は控えめでしっかりとした麦芽の香りが強め。色も濃く、銅色から深い茶色。

ヘレスボック

トラディショナルボックとは違い、液体の色は薄くホップフレーバーも中程度持ち、強い麦芽の香りが特徴。度数はトラディショナルボックとほぼ同じくらい。別名マイボックとも呼ばれる。

ドッペルボック

こちらはさらにハイアルコールにした、ドッペルボック。ドッペルは英語にするとダブル。アルコール度数は6.5%〜8%で、ロースト麦芽の甘みが際立つスタイル。

アイスボック

ドッペルボックをさらに強くしたスタイル。
醸造過程で、なんと一度凍らせ、凍った水の部分を捨て、アルコール度数を強めてあるんです。アルコール度数は8.6〜15%ほど。甘みも強いがアルコールも強い。麦芽の香りはさらに際立ち、温度が上がるにつれてどんどん表情をかえる面白みのあるビール。
しかしまぁ、発想がすごい。

ヤギのキックのように強いドイツのラガービール


14〜15世紀に、北ドイツで生まれ、17世紀には醸造家が南ドイツに連れていかれたために、現在では南ドイツの代表的なビールとなっているビール。ラガーは飲みやすいって思っていると、まさにキックを食らったような衝撃が走るビールなのは間違いありません。

「15%なんて、ウイスキーに比べたら大したことないじゃん!」なんて思ったあなた。

一度飲んでみたら、 “ヤギのキック”の意味がわかると思いますよ。

関連記事

  1. 小学生からお酒が飲める!?世界各国の飲酒最低年齢。世界のビール事情

  2. 海外ビールだと思ってたら日本で造っている!?驚きのライセンス生産ビール5選

  3. やばいビール?アメリカで輸入禁止になったビール!美味すぎるベルギービールの謎

  4. 完全日本原産のビール!日本酒?それともビール?麹菌で発酵させる全く新しいビール!

  5. 1〜3月の開催まとめ!2018年ビールフェスの開催情報解禁!クラフトビールやオクトーバーフェスト、肉フェスなど!

  6. 1度で2度美味しい!?ひとつの瓶から2種類のビールが出るアフリゲムブロンドと言うエールビール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。