「いぱ」ってなんのビール!?〜流行りのクラフトビールによくあるIPAというスタイル

こんにちはゆーすけです。
ビール飲んでますか!?

今日は、近年日本やアメリカで人気を博しているビアスタイル“IPA”について、お話していきたいと思います。

「いぱ」じゃない


このコラムを読んでいる方は、きっと私を馬鹿にしたでしょうね。
はい。「IPA」というスタイルは、インディア・ペール・エールの略で、「アイ・ピー・エー」と読みます。

「いぱ」じゃありません

IPAは元々輸出用だった!


イギリス発祥のスタイルで、インドへの輸出用に造られました。
当時インドはイギリスの植民地。多くのイギリス人がインドに駐在していました。その人たちの為に、母国のペールエールを飲ませたい!そんな思いからできたビールです。
しかし今ほど交通手段は良くありません。インドに着くまでにビールが腐ってしまう。その為に防腐効果のあるホップを大量に投入し、さらに高アルコールにすることで防腐効果を高めたそうです。
それにより、グレープフルーツの様な苦味を持つ、高いアルコールのビールになったんです。

イギリスでは人気がない!?


IPA発祥のイギリス国内でもIPA需要が高まり、元々輸出目的だったことも手伝い、世界的に人気のスタイルになったIPA。
現在イギリスでは、IPAは低アルコールビールの代名詞の様になっていて、しかもインドやイギリスでは人気はそんなに高くない。アメリカや日本での人気の方が高いそう。
アメリカ産のカスケードホップという、柑橘の香りが特に強い品種を用いたものが人気で、イギリス産IPAなのにカスケードホップを用いた「AmericanIPA」とラベルに記載する銘柄もあります。(写真のハドーケンIPAはイギリス産なのにAmericanIPAと書いてある)

「いぱ」ってなんのビール!?〜流行りのクラフトビールによくあるIPAというスタイル


IPAの事だったんです。
イギリス人の仲間を思う気持ちから生まれたこのビールは、インパクトのあるスタイルですがフルーティさも持ち合わせています。コレはホップによるものなんですが、その香りの良さが近年のIPA人気を押し上げているんでしょう。

個人的なオススメは、スコットランドのブリュードッグの「ジャックハマーIPA」。強烈な苦味とグレープフルーツの香り、飲んだ後にもう一度口に運びたくなる後を引く美味さがあります。
見かけた際には是非お試しを。

あ、ちなみに、インディア”ン”ペールエールと言う方がいますが、それは間違い。それじゃ「インドのペールエール」って意味になっちゃいますよ。

関連記事

  1. ビールは液体のパン!?キリスト教とビールの切っても切れない関係〜トラピストビール

  2. イギリス人だってワインが造りたい!ワインに対抗したビールの話〜バーレイワインというエールビール

  3. フレーバードビアってなんだ?〜ココナッツ/テキーラ/大麻/コカレロ!??

  4. 海外ビールだと思ってたら日本で造っている!?驚きのライセンス生産ビール5選

  5. 飲みたいけど飲めない!?激レアビールの宝庫と呼ばれるドイツ・ケルンという街のビール「ケルシュ」について!

  6. ハイネケンは映画になったことがある!マイケルジャクソンって誰?ビールの雑学

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。